創立10周年を迎えました。 野里門クリニック(兵庫県/姫路市)

院長ブログ

創立10周年を迎えました。

今年2011年で、当クリニックは江尻病院の向かいに創設して10周年となりました。

ここまで来られたのも、皆様の御蔭と感謝しております。

10年経ち、今年は新しい機器の導入、様々な改善を行いました。

まず第一は、レントゲンをすべてデジタル化いたしました。胸部レントゲンはもちろんのこと、胃透視(バリウムを飲む胃の検査)や血管造影(DSA)ができるように新しい器械、システムを導入いたしました。

第二に、内視鏡装置を新しく、オリンパス社だけではなく、フジフィルム社製の器械、胃カメラを導入いたしました。特に鼻からの胃カメラは、現時点ではフジフィルム社製が優れており、柔らかい上に、画像が精密で広くきれいで、どうしても欲しくて導入いたしました。

第三は、これが一番大事なのですが、透析室の透析液を作る器械(RO装置)を新しくいたしました。東レの最新鋭の器械で、RO膜2段処理を行える新しいシステムで、熱湯による配管消毒システムも加え、最高水準の透析液を作成できるようにしております。

以上、さらに皆様のために「地域社会にベストの医療」を目指して頑張りたいと思います。また宜しく御支援御願い申し上げます。