日本消化器関連学会(神戸)に行ってきました。 野里門クリニック(兵庫県/姫路市)

院長ブログ

日本消化器関連学会(神戸)に行ってきました。

第22回日本消化器関連学会(JDDW)が、H26/10月23日から26日まで神戸で開かれ、行ってきました。

初日のイブニングセミナーで、フジフィルムから新しい細経レーザー内視鏡が初めて発表されました。

一昨年通常径のレーザー内視鏡が発表され、衝撃が走りましたが、何といっても鼻から挿入できる細径内視鏡に定評のあるフジフイルムから出るのが、待たれておりました。

実は発表前に、当クリニックでデモ機をお借りする機会があり、使わせていただきました。

さすがに、明るく細かいところまで見え、多少通常観察で、黄色側にわずかにシフトしているように感じましたが、従来の太い通常径の内視鏡よりもきれいではないかと思いました。特殊光色彩強調機能も進化しており、BLI(blue laser imaging)診断にこれからの未来が見えてくるようでした。

折しも今年、blue laserで日本の科学者達がノーベル賞を取っており、その応用の面でも、日本の技術の高さを改めて感じました。