災害用保存食の試食をしてみました 野里門クリニック(兵庫県/姫路市)

院長ブログ

災害用保存食の試食をしてみました

2月のクリニック全員のスタッフ会議で、ミーティングの後、災害用保存食の試食会を行いました。

試食したのは、缶詰入りのパンや粉末状のチキンシチュー、ごはんなど、姫路市で現在、備蓄されている保存食で、透析の方のための保存食も試してみました。

感想は、パン以外は水が必需で、おいしく食べるためには温めたほうがよく、ポータブルガスコンロ、鍋!が必要でした。意外に大きな鍋がなく、買ってきました。

味は、温かいとおいしかったのですが、ご飯などは冷たい水から作ると(1時間必要ですが)、よくかき混ぜないと底に塩分が溜まってしまい、上は薄く底は塩辛くなっていました。

また空缶等いろいろなゴミが発生するので、そのかたづけも問題だなと思いました。