院長ブログ 野里門クリニック(兵庫県/姫路市)

院長ブログ

ラクビーW杯開幕戦を見てきました。

いよいよラクビーワールドカップが始まり、日本は、初戦のロシア戦の勝利に続き、優勝候補のアイルランドに大番狂わせで勝利しました。

9月20日の開会式と開幕戦を見てきました。

さすがにどちらも緊張しており、ボールが手に付かないようで、ワールドカップの重さを感じました。世界中から観客が来ており、スタジアムも超満員で、全体がすごい熱気に包まれていました。

しかしながら、スタジアムの中は、飲み物、食べ物が持ち込み禁止で、ペットボトルも入口でチェックされて、持って入れず、しかも中の売店はすごい列で、試合が始まってもまだ列が解消されていないようでした。

ただビール(ハイネケンのみで、アルコール度が低い)だけは、売り子さんが売りに来て、それのみが飲み物でした。そのためお子さんがいる方は大変だったのではと思います。

このw杯が、来年のオリンピックの開催に参考になればと感じました。

写真の取り込みができず、残念ながら写真をアップできません。このホームページも新しいのに替える予定です。しばらく御辛抱を。

透析医学会総会で発表してきました。

2019/6/28から30日にかけて、第64回日本透析医学会学術集会・総会が横浜で開催され、出席してきました。

今回、当クリニックから2演題発表し、30日午前の口演を聞いてきました。

発表後、活発な質問があり、大変評価されたと思います。

発表の恩田さん、これまで本当に御苦労さまでした。

 

兵庫県透析医会、会長に就任しました。

今年度より、兵庫県透析医会会長に就任いたしました。

新米の会長で、多々足りないことがあるかと思いますが、宜しく御願いいたします。

なってみて気付いたことは、日曜日がなくなることです。いろいろな会があり、スピーチも緊張しながら、噛み噛みでやっています。

まあだんだん慣れていくでしょう。多めにみてください。お願いいたします。

兵庫県透析医会総会にて。 中央、講演していただいた市川 和子先生と、左、赤塚先生と御一緒に

 

清元先生が姫路新市長になりました。

今回の姫路市長選で、清元ひでやす先生が当選いたしました。

対立候補の元副市長との戦いは、接戦が予想されていて、どうなるかと不安でしたが、現市長の応援もあり、当選できました。皆さん一人ひとりの応援の賜物で、本当にホッとしました。

先生のお人柄や才能はよく知っており、新市長としての力は十分にあります。これから大変だと思いますが、頑張って姫路市を「もっともっと」良くして下さい。期待しています。

 

夜桜会に行ってきました。

毎年恒例の姫路城の夜桜会、今年も最終日に行ってきました。

三の丸広場が午後6時から無料開放され、そこに咲いている桜がライトアップされます。

今回は塀と桜全体に、プロジェクションマッピイングが映され、非常に幻想的な素晴しい映像でした。

来年、機会がありましたら是非とも行ってみてください。

 

 

エアーズロック(ウルル)に登ってきました。

今年元旦にオーストラリアの中央にある、世界遺産 エアーズロック(現地名ウルル)に登ってきました。

昨年はカナダのイエローナイフで、寒波が来ていてマイナス40℃の世界でしたが、今年は逆に 砂漠の中で、プラス50℃を超えていました。一緒に行ったツアーの中の二人の靴底が暑さで、剥がれてしまいました。

ここはもともと先住民アボリジニの聖地で、今年10月で登れなくなるので、今回が最後の機会でした。

当日行かないと登れるかどうかわからないとの事前説明でしたが、何と1月に登頂許可が出るのは、3,4日しかなかったのには、驚きました。なんとその登れる日に当たり、頂上まで頑張って登ってきました。

聖地であることを、しっかり受け止め、北の方向の日本に向かい、世界の平和と、みんなの幸せを祈ってきました。

 

2019年 平成31年 新年おめでとうございます。

2019年、平成31年、新年おめでとうございます。いよいよ新しい元号を迎える年となりました。

今年はラクビーのワールドカップが初めてアジア、この日本で開催されます。

また4月には姫路市長選があり、消費税も引き上げられます。

いろいろ忙しい1年になりそうですが、皆様引き続き、宜しくお願い申し上げます。

 

今年も残り少なくなりました。

今年もあと1週間、平成最後の年末年始となりました。

この平成30年間の中で、それぞれの人生の中でどのようなことがあったか、思い出すのもよいかと思います。

今年もいろいろお世話になり、ありがとうございました。皆さんよいお年をお迎えください。

 

日本消化器関連学会JDDWに行ってきました。

今年2018年のJDDW(日本消化器関連学会週間)が、11月1日から4日まで、神戸国際会議場、展示場、ポートピアホテルであり、出席してきました。

今回、女子医大で2年上の山本 雅一教授が、日本消化器外科学会大会の会長をされ、その会長講演を聞いてきました。

「肝切除術の温故知新」との題目で、座長の高崎 健名誉教授とともに、現在の肝切除の礎を創って来られた道のりを示されていました。

その当時、女子医大にいて、班は違いましたが、肝切除の大変さを知っている者として、最後に教授が、感極まられた気持ちがよくわかります。肝切除手術を終えて、ICUに入ってから、ドレーンからの出血が止まらず、「苦渋の決断」でその日に再手術を行っていました。

現在、腹腔鏡での手術も進み、集学的な治療が広がっている中、さらに患者さんのための医療を進めて行ってもらいたいと思いました。

10月1日はピンクリボンの日、日本酒の日でした。

10月1日は、乳がん検診啓発のための「ピンクリボンの日」で、姫路城とともに、大手前通りの街路灯もピンク色になっていました。

またこの日は「日本酒の日」でもあり、「日本酒ゴーアラウンド2018」が今年は姫路でも開催され、バッチをつけて回ってきました。

月曜日にもかかわらず、台風のため日曜日は出かけれなかったこともあるのか、大変盛況でした。最後のところでは30分待ちで、制限時間ギリギリでした。

いろいろなお店がわかり、普段飲めないような日本酒が””比較的安く”飲めて、下戸な私でも楽しめました。一緒に回った友人も、来年もまた回りたいと言っていました。

皆さんも来年いかがでしょうか。